油は旨い 第2弾 「アヒージョ」追加レシピ

NO IMAGE

こんにちは、きさらんです。

 

健康診断でメタボ予備軍となった、きさらんですが、元管理栄養士の妻のアドバイスをもとに糖質制限を実践していきます。

その他にも健康に役立つセミナーなどで勉強したことなどお伝えします。

 

今回は、きさらんが実践している「ゆるい糖質制限」で実際に食べた妻の特製料理を紹介します。

 

油は旨い!と言うことで、きさらんの夕食では割と定番の「アヒージョ」の第2弾です。

 

前回に記事を書いてから、妻のレパートリーが増えましたので、こちらも紹介します。

 

前回の「アヒージョ」の記事はこちら

 

「アヒージョ」はスペイン語で「にんにく」という意味です。

 

「オリーブオイル」と「にんいく」を使っ低糖質の料理で、「ゆるい糖質制限」に最適な料理です。

卵を使った「アヒージョ」

スペイン版のいり卵っといった感じですね。

ちょっと手を加えるだけで卵料理がごちそうに見えます。

材料(2人分) 1人分糖質量 0.3g

  • 卵 2個
  • 塩、胡椒 各少々
  • オリーブ油 1/2カップ
  • にんにく 小1方片
  • パセリ(みじん切り) 大さじ1
  • 粗挽き黒胡椒 少々

作り方

  1. ボウルに「卵」を割り入れて軽くほぐし、「塩」と「胡椒」で味を整えます。
  2. 「にんにく」を半分に割り芯を取って、みじん切りにします。
  3. 直火用の耐熱の鍋に「オリーブ油」と「にんにく」を入れて弱火でゆっくりと加熱して香りを移します。
  4. 「パセリ」と「粗挽き黒胡椒」を加えて、「卵」を回しながらいれて火を止めて、余熱で火を通すと出来上がりです。

感想

「ゆるい糖質制限」の味方、卵を使ったかんたん料理です。

手軽にできるのに、いつもの卵料理がちょっとしたごちそうに変身します。

「にんにく」はみじん切りにして、油に香りをしっかりと馴染ませるのがポイントです。

焦げやすいので、ごく弱火で焦げないように気をつけましょう。

卵は余熱で火を通してくださいね。

糖質量も少なく、卵がふわふわで美味しいです。

ヤリイカを使ったエスニック風「アヒージョ」

エスニック風のアヒージョですね。

いつもより、ちょっと凝った料理になってます。

材料(2人分) 1人分糖質量 0.5g

  • ヤリイカ 小2はい
  • オリーブ油 1/3カップ
  • 胡麻油 大さじ3
  • にんにく 2片
  • レモングラス(根本) 1本
  • 赤唐辛子 小2本
  • こぶみかんの葉 2枚
  • ナムプラー 大さじ1
  • 塩、胡椒 各少々
  • 香菜(根つき) 1本

作り方

  1. 「ヤリイカ」はワタを引き抜いて取り、軟骨も取ります。
  2. 「ヤリイカ」を水で洗って胴は幅3cmの輪切り、足はワタを切り落としてくちばしを取ります。
  3. 「レモングラス」は幅4~5mmの斜め切り、「香菜」は根を洗い、根つきのまま長さ3~4cmに切ります。
  4. 直火用の耐熱の鍋に「オリーブ油」と「胡麻油」を入れ、「にんにく」、「レモングラス」、「赤唐辛子」を入れて弱火でゆっくり加熱します。
  5. 「ヤリイカ」と「こぶみかんの葉」を入れて、イカの色が変わってきたら上下を返します。
  6. 「ナムプラー」と「塩」、「胡椒」で調味して最後に香菜を入れてひと煮すれば出来上がりです。

感想

オリーブ油に胡麻油がミックスされて、油の味わいが深くなってます。

レモングラスは根本の太い部分を使うことにより、香りが強めになってますね。

いつもより、ちょっと手の込んだ料理になってます。

イカの食感のおかげで食べ応えもあって、これだけでお腹いっぱいになりそうな感じでした。

糖質量も少なく、食べ応えもあるのでダイエットにも最適な夕食ですね。

しらすを使った「アヒージョ」

きさらんの大好きな「しらす」です。

大根おろしに乗せたり、きゅうりと一緒に酢の物にしたりと使い方いろいろの「しらす」ですが、今回は「アヒージョ」になりました。

もともと料理が得意な妻ですが、最近はさらに料理の腕が上がっています。

材料(2人分) 1人分糖質量 0.3g

  • しらす干し 50g
  • オリーブ油 1/2カップ
  • 生姜 小1/2方片
  • もみ海苔 少々

作り方

  1. 「生姜」をせん切りにします。
  2. 直火用の耐熱の鍋に「オリーブ油」と「生姜」を入れて弱火でゆっくり加熱します。
  3. 「しらす干し」を入れて混ぜながら煮ます。
  4. 最後に「もみ海苔」を散らして出来上がりです。

感想

いつもは「にんにく」ですが、今回は「生姜」を使っているので、生姜風味の爽やかなソースの「アヒージョ」ですね。

「しらす」と「生姜」でかなり和風感があり、食材が「しらす」なので油の旨味を味わえます。

糖質量を少ないので、低糖質のパンなら2切れくらい食べれるので、是非、パンにつけて食べたいです。

タコとホタテの「アヒージョ」

何をいれても合う「アヒージョ」ですが、タコとホタテも、もちろん合います。

手軽で簡単ですし、ごちそう度も満点!

材料(2人分) 1人分糖質量 1.5g

  • ゆでタコの足 100g
  • 帆立貝柱 100g
  • 黒オリーブ 6個
  • オリーブ油 2/3カップ
  • にんにく 1片
  • 赤唐辛子 1本

作り方

  1. 「タコ」は幅2cmに切る。
  2. 「帆立」は4等分に切る。
  3. 「にんにく」は縦半分に切って芯を取る。
  4. 直火用の耐熱の鍋に「オリーブ油」と「にんにく」と「赤唐辛子」を入れて中火にかけます。
  5. 「にんにく」から泡が出てきたら「タコ」と「帆立」と「黒オリーブ」を入れて3分ほど煮たら出来上がりです。

感想

めっちゃ簡単にできますね。15分くらいで出来ました。

今回は妻に教えてもらいながら、自分で作りましたが、作るのも楽しいですね。

タコのぶりぶりの食感が美味しいです。

自分で作ったせいか、いつもより美味しく感じます。

黒オリーブを入れて旨味もアップされてます。

まとめ

今回は妻の特製料理の「アヒージョ」の第2弾でした。

更に妻の料理のレパートリーが増えて、きさらんの夕食もバラエティーにとんだ内容になってきました。

今回、紹介した料理は・・・

「卵をつかったアヒージョ」

「ヤリイカを使ったエスニック風、アヒージョ」

「しらすを使ったアヒージョ」

「タコとホタテのアヒージョ」

どれも美味しいそうですね。